【正規品】トムフォード サングラス ウェリントン/眼鏡海外発送

トムフォード サングラス ウェリントン、トムフォード サングラス、トムフォード 眼鏡、トムフォード 眼鏡 店舗、tom ford メガネ1990年、グッチのレディスウェアのデザイナーに就任したトムフォードは、その後、その才能を開花させていきました。マウリツィオが退任した1年後の1994年、若干33歳でグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任。そのころグッチのブランド価値は、地に落ちていましたが、トムフォードは、ファッションズ・フューチャー・ベスト・ニュー・デザイナー賞、メンズウェア・アンド・ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー、VOGUE最高国際デザイナーなど、数々の賞を受賞しました。デザインの才能だけではなく、トムフォードは独自の宣伝方法や、マーケティングによって、グッチの売上を大きく伸ばし、再び、一大ブランドに返り咲きました。少ないながらも株式を所有していた、残されたグッチ一族の資産は、ほぼ破産状態から、トムフォードのおかげで、43億ドルにまで、 復活したと言われています。その後、2001年には、グッチ傘下のイブサンローランのクリエイティブ・ディレクターにも就任し、イブサンローランのブランド向上にも大きく貢献しました。ブランドに詳しい方なら、2000年代からのイブサンローランの復活を感じられていたかもしれません。その裏に、トムフォードの努力がありました。しかし、2004年、グッチはフランスの大手流通持株会社、PPRラグジュアリー・グループに買収され、完全子会社になってしまいます。トムフォードは、PPRの方針に賛同できず、グッチのCEOドメニコ・デソーレと共に、グッチを辞任します。そして2005年、ドメニコ・デソーレと共に、自身のブランド、トムフォードを設立。その後の成功は、語るまでもありません。今やファッション界で、最も大きなネームバリューを持つといわれるトムフォードいずれ所属していた、グッチを超えるビッグネームに成長すると言われています。